<   2016年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
小さなお庭は秋色に、そして…
ここのところ、ドールハウス製作で工房にこもりっきりのお話は前回にいたしました。
やっぱりその続きということですが、貧乏暇なしのドールハウス製作者のボヤキはつまらないのでほどほどにいたします。
a0161127_14000807.jpg
で、今日は小さなお庭が秋色に変わってきましたので、写真を一枚撮りました。
お天気はこれから下り坂、夕方には雨が降り出すとの予報です。
雨後は、また一段と冬の様相となってくるのでしょうか。

現在製作中のドールハウスは、お客様からのオーダーによるウインドウハウスの拡張と秋冬仕様へのリニューアル、それから、やはり別のお客様からオーダーを頂いていますシェルフハウスのウインターバージョンXmasバージョンアリスドルハをこしらえています。
a0161127_14020577.jpg
a0161127_14040765.jpg
この季節に、森深いイメージのアリスドルハって、結構おしゃれなオーダーですよね。

ときには、行けども尽きぬ森の中を歩いてみたい。
靴底から伝わってくる乾いた落ち葉の感触と、どこからともなく漂ってくる甘く熟した香り。
豊穣な秋の森に抱かれて、行けども尽きぬ森の中を歩いてみたい。

ところで、大型1/12ドールハウスについてのお問い合わせをありがとうございます。もしこちらのオーダーがありますと、当分の間は工房シフトが続きそうです。
小さな森の中を、小さなアリスとなって彷徨いたいのですが…
そんなわけにもいかず、創作の新作もこしらえていかなければなりませんので、いまのところはオーダー製作に集中しています。
a0161127_14143669.jpg
そうこうしているうちに、窓の外はこんな景色になっているんでしょうね。
「ドールハウス・ドール家具についてのお問合せはコチラからどうぞ


[PR]
by one-sixth | 2016-11-18 14:24 | ドールハウス | Trackback | Comments(0)
ことしもはやXmasシーズン到来、ドールハウスデコレーションは…
またも、書き出しは「久々に…」
ドールハウスの製作で工房にこもってしまうと、沈黙の日々が続きます。
a0161127_23301661.jpg
振りかえれば、
季節は春、窓越しにお天道様を透かす白い花びら、シデコブシの目覚めです。
霞空から桜が舞うと、庭の片隅でバラが命尽きる花を咲かせ、夏を迎えます。
梅雨に濡れた紫陽花の紫が映え、雲間が開かれると一瞬に蝉時雨の真夏。
一陣の風が田園を吹き抜けひとときの涼をもたらしたかと思うと、
いつしか野分となってコスモスを激しく揺らぎ、夏を奪い去っていきます。
秋のはじまりは金木犀の香り儚く、日一日と増す冷え込みに紅葉の秋を深めます。
木枯らしがやってくると、南天やクチナシが柊の寂しい庭に赤燈を灯し、はや冬。
冬はクリスマスの季節、今年の冬は昨年よりも寒くなりそう、
はたして、庭のツリーたちがホワイトベールを被るのは、いつ頃でしょうか。

ブログやツイートを書けない日々は、ドールハウスの製作に勤しむ日々。
春夏秋冬は瞬く間に過ぎ去っていきます。まるで走馬灯のような早がわりです。
昨年も、今年も、そして来年も…変わることのないのは私の「手作り工房」だけ、
小さなお庭と、小さな工房と、そして小さな私のつくる小さなドールハウス。
世界でたった一つだけの、小さなオーダーオリジナルドールハウスです。

これまでに拵えてきましたXmasデコレーションのドールハウス画像を載せます。
すでに何度もご覧いただいている画像かも知れませんが、
これから新たにお考えになるドールハウスオーダーのご参考となれば幸いです。
ドールハウス・ドール家具の「手作り夢工房」Kou
a0161127_09190771.jpg
a0161127_09201991.jpg
a0161127_09203124.jpg
a0161127_09193232.jpg
a0161127_09204941.jpg
a0161127_09195508.jpg
a0161127_09200816.jpg
a0161127_09205940.jpg
「ドールルームセレクション+家具・装飾小物」についてはコチラからどうぞ。
また、ドールハウス・ドール家具についてのお問合せはコチラからどうぞ
[PR]
by one-sixth | 2016-11-06 10:45 | ドールハウス | Trackback | Comments(0)